速報

広島皆実|集団食中毒で選手権の出場はどうなる?原因と衛生管理についても!

スポンサーリンク

2019年も終わり新しい年オリンピックイヤーもある2020年がスタートしましたが新年早々衝撃のニュースが飛び込んできました。

高校サッカーの広島県代表である広島皆実高校が合宿先で集団食中毒事件が発生してしまいました。

大晦日に発生したことでとても現地ではとても大騒ぎになったことが予想されます。

ここで気になるのが広島皆実高校が出場している高校サッカーに出場できるのか?また食中毒の原因について気になるところです。

そこでこの記事では広島皆実高校サッカーに出場できるのか食中毒の原因ついて書いていきます。

広島皆実高校サッカー集団食中毒概要

集団食中毒の症状が出ているのば部員44名でそのうち重症が7名。

広島皆実の部員数が公式サイトによると102名なので部員全員が合宿に参加したいたら半数が食中毒になってしまった計算。

ただトップチームなのか控えのチームなのかはっきりしていません。

トップチームと控えチームが一緒に行動をするというのはあまり考えにくいのでこの辺はもっと詳しく見ていく必要がありますね。

広島皆実高校サッカー選手権の出場はどうなる

広島皆実高校サッカー選手権の出場ですがどうやら問題なく1月2日の試合には出場できるようです。

どうやら食中毒になってしまったのは、食中毒なのは応援に回る控えの子。

レギュラーの選手は無事とのことが判明しましたのでそこについては一安心といったところでしょうか。

広島皆実|集団食中毒の原因と衛生管理

さて本題になる集団食中毒の原因。

そこはとても気になりますしその原因である食べ物をどういった形で管理していたのかも非常に興味深いです。

もちろん保健所がこれから調査するわけですが分かる範囲で追っていきましょう。

集団食中毒の原因

搬送された部員たちは、31日の昼食用の弁当を千葉県内で購入し、夕食の前には、体調不良を訴える部員がいたということで、昼食用の弁当による集団食中毒の疑いがあるということです。

引用;NHK NEWS WEB

NHKの記事によると31日の昼食用の弁当を千葉県内で購入しとあるのでここが一番の原因と睨んでいるようです。

最初の記事だけ見てしまうと合宿所で出された料理と勘違いしてしまいがちですがここは違うので誤解しないようにしましょう。

じゃあその弁当はどこで作られたものなのかは現時点では判明していません。

わかっているのは千葉県内にある弁当販売店です。

千葉県内にある弁当販売店の衛生管理

 
衛生管理についてですが実際にみていなので想像になってしまいます。

プロではないのではっきりいえませんが多分保存状態がしっかりしていなかったとかなと。

そこの販売店は今までこういったことが全く無かったのかも気になりますが食中毒は一度起こってしまえばもう取り返しが付きません。

今までの保存方法ややり方で大丈夫だったのかもしれませんが今回こういった形で発生してしまったのは残念です。

広島皆実|集団食中毒で高校サッカー辞退?原因と衛生管理面まとめ

広島皆実|集団食中毒で高校サッカー辞退と食中毒の原因は以上になります。

今回の事件を外から見てとてもあってはいけないことが起こってしまった印象を受けます。

食中毒は飲食を扱う場所にとってかなりシビアに保健所から言われていますから今後警察はもちろん保健所からの調査があるでしょう。

ともかく広島皆実のサッカー部メンバーの回復を何よりも願っています。

最後にここまで読んでくださってありがとうございます。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!