プロスポーツ

kobe chiben|ユニフォームのデザインは?依頼したお店についても!


スポンサーリンク


今年の春に引退をした世界のイチロー。

その後は草野球で大規模な大会にしていくと公言をしていましたがその一歩となる自信の草野球チーム「kobe chiben」が12月1日に試合を行いましたね。

相手は智弁和歌山の職員チームということですがこのイチローさんの草野球チーム「kobe chiben」のユニフォームのデザインはどういった感じなのか気になるところです。

そこでこの記事ではkobe chiben|ユニフォームのデザインは?依頼したお店にまとめていきたいと思います。

kobe chiben|ユニフォームのデザインは

わかっているのは胸に「CHIBEN」、袖に「神戸」。

上下白のユニフォームは襟もとのハイネックがアクセント。

背には名を記すことはなく、背番号は「51」ではなく「1」。

わかっているのはこれだけ。

CHIBENは何色で加工するのか袖の「神戸」もどうするのかもわかってはいないですね。

おそらくは同じ色か同系色で加工していくると予想。

あんまり派手な色にはしないとは思うんですが本家の智辯とどこまで同じにしていくのでしょうか。

敬意を払って漢字にしていないところを見ると朱色は多分使わないですね。

オリックスのカラーのネイビーかブルーにしてくると見ています。

ちなみにデザインはイチローさん本人がしているのでセンスが分かります。

※2019年12月1日追記

SNSで確認すると書体のカラーはブルーの少し淡い感じの色といった感じでしたね。

書体もちょっとわかりませんがオーソドックスといった感じで加工方法は二重圧着でしょうか。

なので一回目が黒?で二回目がブルーの淡い色といった形で加工をしているはずです。

一応オリックスのカラーのブルーではないにせよ予想として少しあたったかな。


スポンサーリンク


kobe chiben|ユニフォーム加工を依頼したお店

ユニフォームを加工したお店は現在のところ不明です。

神戸市内のお店でしょうか?

もし判明したら問い合わせが殺到しそうですね。

今現在でこの辺はリサーチ必要です。

kobe chiben|ユニフォームのデザインは?依頼したお店

kobe chiben|ユニフォームのデザインは?依頼したお店について書いていきました。

まだまだわからないことだらけなのでとても知りたいことがたくさんありますよね。

今後の日程なども気になりますし草野球の野球人口これから絶対に伸びていくので要注目です。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!