気象&交通規制

沓川の氾濫した周辺地域地区はどこ?大雨の被害状況と画像まとめ


スポンサーリンク


10月18日から19日にかけて大雨の予報が各地で発表されていたなか三重県の尾鷲市で記録的な大雨が降っていたようです。

18日の夕方頃から報告がされていて市内を流れる沓川が氾濫したということ。

時間が立ち警戒が解除されてはいるようですが明るくなってから被害の状況が明らかになります。

この記事では沓川の氾濫した周辺地域地区と被害状況と画像でまとめていきます。

沓川の氾濫した周辺地域地区

午後23時の速報で三木里町の沓川が氾濫しています。

地区の場所と確認しておきましょう。

三木里地区

九鬼地区とありますが沓川の氾濫でいくと三木里地区となります。

九鬼地区になると田海道川。

尾鷲市ではこの2河川の氾濫が発生しています。

沓川周辺の地域ということハザードマップを確認してみましたがが津波によるハザードマップだったため内容がちがますのでのせてません。

浸水想定地区

三重県

九鬼地区 三木里地区

その後尾鷲市公式ツイッターでは市内全域で警戒レベルを4にしましたが引き続き警戒は必要。

また沓川の水位が下がっていればいいですが確認は取れず朝になってみないと分かりません。

そして10月19日の天気レーダでみると大雨ではないものの午前中は雨。

最新の情報を確認していきましょう。

尾鷲市19日天気


スポンサーリンク


被害状況画像まとめ

このツイートは夕方からよるにかけてなので更に状況が変わっていると想定します。

19時以降にも更に60分雨量が140ミリを観測しています。

なので普段と全く違う光景になっている可能性が高いです。

沓川の氾濫地域地区まとめ

今回の沓川の氾濫も夕方から夜にかけての災害となってしまいました。

くどいですが朝になってみないと全容は分かりません。

それと雨はまだ続くので河川の状態は警戒が解除されるまで注意して見ておく必要があります。

誰がでなく自分の身は自分で守ってできれば協力して正確な情報を入手してください。


スポンサーリンク


error: Content is protected !!